千葉市で評判が良いリフォーム会社リスト&5つの失敗しない為の基礎知識

千葉市内でリフォームを行う時に【地域で評判が良い安心業者リスト】や【5つの損をしない為の基礎知識】を小難しくなくわかり易くまとめています。大切な自宅の工事で失敗しない為に知っておくべき事が分かります。

水回り 洗面台

洗面台の交換&リフォームを千葉で行う方必見!費用相場など19の必要知識

2019/01/17

洗面台

洗面台の交換&リフォームを千葉で行う方必見!費用相場など19の必要知識

<目次>

【PickUP】千葉で人気の「あのリフォーム業者」の実際の評判確認しました?
千葉で「信頼できる」と声を寄せるリフォーム業者がなぜ評判が良いのか?良い業者を利用された方の体験談を公開しています。洗面台のリフォームはこういう技術力に定評が有る業者に依頼される事がおすすめです。

千葉で信頼されているリフォーム会社の評判を確認してみる

千葉で洗面台をリフォームする方必見!失敗しない為の必要知識まとめました

洗面台リフォームのまとめ

毎朝家族が使う洗面台。気が付けばごちゃごちゃになってしまっていたり、汚く汚れてしまっていたり。

出来ればお風呂やキッチン等の水まわりの工事に併せて、洗面台も使い易く収納が多いキレイな物に交換したいものですよね。

最近は品質の粗悪なリフォーム会社が非常に増えてきています。

なので価格で業者を選ぶのでは無く、信頼できる会社かどうか評判で選ぶのがとても重要です。

下記には千葉県内でリフォームをおこなった方の評判や体験談から、おすすめ業者をいくつか取り上げています。
実際の体験談も掲載していますので、ご参考ください。

 

洗面台をリフォームする際、気になるのはリフォームの費用ではないでしょうか。

目安となる費用相場を知っておくと、リフォームの計画を立てやすくなります。

千葉県内での洗面台のリフォームの費用相場やお安いオススメ洗面台など、リフォーム前に知っておくと便利なポイントをご紹介して行こうと思います。

いくら位かかる?洗面台のリフォームの見積もり費用相場

洗面台リフォームの見積もり

洗面台のみのリフォームの費用相場は、千葉では20~30万円程度が相場となっております。(ハイグレードの商品を選べば当然相場価格は上がります)

選ぶ洗面台により費用に大きな差が発生しますが、20万円前後の洗面台に取り替えると仮定した場合その他工事費用や諸経費等を加算すると30万円程度の費用でリフォームが可能となります。

あくまで洗面台のみの取り換えのリフォーム費用であり、洗面台を取り換えるなら床の張替えを行おうとか、壁紙交換を行おうとかは別途料金がかかります。

けれども洗面台は意外と値段の幅が大きい商品ですので、壁紙や床の張り替えで予算が足りないと言う時にはグレードを抑えたりすると案外予算内に収まる事が多いです。

洗面台の値引きの限度やお得な値段でリフォームするコツ!

基本的に、洗面台は高額な商品ではありません。なので見積もり額からの値引き交渉はかなり難しいと考えてください。

リフォーム会社も利益が殆どなく、割引してくれても数千円単位だと思います。

必要以上に値引きや値段重視でリフォーム会社を選ぼうとすると、必ず後で後悔する様な失敗をします。

安かろう悪かろうの業者にひっかかって、すぐに水漏れや故障が発生しても理由を付けて保証や対応してくれなかったり。

なので、相場以下のリフォームを行うのはあまりおすすめ出来ません。

たしかに自分が薄利多売のリフォーム店だったら、一軒一軒しっかり設置するより品質落としても、数多く設置したいですよね。

けれどもお得に洗面台をリフォームしたい!そういう時にはお風呂やキッチン等を絡めてリフォームを行う事です。

洗面所のみの割引は難しいですが、水回りのべつのリフォームを絡める事により、まとめて割引を行ってもらう事が出来ます。

リフォーム会社さんも一緒にまとめて工事出来るので、職人さんの作業効率が良くなり、無理せず値引きを行う事ができるので品質の高い工事を格安で行ってもらう事が出来ます。

洗面台をリフォームする際の手順やチェックしておきたい注意点

リフォームのコツ

洗面台を取り換える場合は、まず自分の家庭に合った洗面台はどれなのか?どういった物が適しているのかを把握しておくことが重要です。

リフォーム会社の勧められるがままに決めると、あとで「こんなはずじゃなかった」「ちょっと使いづらい」と後悔する事も。

そういった、洗面台をリフォームする前にチェックしておきたいポイントや、実際に工事を進める手順をまとめました

既存の洗面台の寸法を測る

リフォームの場合、決まったスペースに洗面台を設置する為、既存の洗面台の寸法を測りそれに似合った洗面台を採用する事が大事となります。

洗面台というのはどれも同じ大きさではなく、高さも幅もマチマチです。

サイズはしっかりと測り、既存の洗面台と同じ寸法の物を選ぶと間違いがありません。

寸法が収まるかどうかはリフォーム会社さんがしっかり手配しますが、重要なのは「自分たちが使ってみて使い易い高さ&幅なのか」と言う事です。

基本的には、身長が低い方はH750mm、身長165mmの方はH800mm、背の高い方はH850mmの洗面台が使いやすい傾向があります。

既存の洗面台への不満を考える

既存の洗面台に対する不満を考えて、それが解消できる洗面台を採用すると快適な洗面台とする事が出来ます。

例えば、水栓金具の使いにくさや、収納スぺースの少なさ、鏡の大きさなど不満ポイントを考えてみると良いでしょう。

良くあるのが、蛇口まわりが汚れてしまうだとか、髪の毛が詰まったりで掃除が不便だったりします。

こういった不満を考えた上で、どんな機能が付いた洗面台を選ぶのが良いのかを明確にしましょう

洗面台のリフォームを進める流れ

  1. 高さや機能などから、自分に合った洗面台を選定する
  2. リフォーム会社に相談。業者がおすすめの物と「1」で自分が良いなと思った商品を比較。
  3. 一週間から二週間ほどで、リフォーム会社から見積もりが出てくる
  4. 家族内で検討
  5. リフォーム契約(高額な内容で有れば、頭金や中間金が発生する事も)
  6. 工事開始。近隣住民への挨拶(リフォーム会社が同行や代行してくれます)
  7. 工事完成→料金支払い

前述した通りお得にリフォームを行うのであれば、水まわりのリフォームを一緒に行う事が一番値引きを受けられて工事品質も落としません。

下記の記事は、主な水まわりリフォームを行うポイントをまとめた参考記事です。リフォームをお考えの方は一度確認されて下さいね。

価格が安い!おしゃれでおすすめな洗面台はクリナップの「BGA」が人気!

BGA

価格を出来るだけ抑えて欲しいけれども、ある程度機能性の高い物が良い!そんな方にオススメなのが、クリナップのBGAという洗面台です。

洗髪洗面台ながら、10万円前後のお安い価格帯ですが機能性も十分です。予算を抑えて洗面台のリフォームを行いたい場合は1番のオススメ洗面化粧台です。

BGAは格安ですが、メリットや機能が沢山詰まっています。

高さに2つのパターンがあり使い易い高さの物を選びやすい

高さに2つのパターンがあり使い易い高さの物を選びやすい
洗面台のリフォームする場合は、既存の空間に治まる洗面台じゃ無ければ採用出来ません。

リフォームで失敗するのが嫌でネットで色々調べているあなたへ 結局の所、間違いないリフォームを行うなら「しっかりした提案と工事」を行ってくれる業者に出会えるかどうかが大事なポイントです。

≫ 「信頼できる提案と工事をする」と千葉で評判のリフォーム会社とは?

近年の洗面台は高さが高く、公団やマンション等は梁にぶつかってしまい洗面化粧台の入れ替えが出来ない事があります。

クリナップのBGAは高さが185cmと180cmの物がありますので、梁などが邪魔で納まりにくい場合は180cmの方の洗面台を採用するとほぼ間違いなく納める事が出来ます。

既存配管に合わせて配管が対応可能な底板点検口を採用

既存配管に合わせて配管が対応可能な底板点検口を採用

キャビネットの床には、取り外しが可能な底板点検口を設置。

大きい床板点検口ですので、既存の配管を利用する際の配管を柔軟に行う事が出来、どのような既存配管にも対応しやすい洗面台としました。

つまり、柔軟に現在お住いの配管に対応する事が出来るので、余計な工事を行う事をせずに設置をする事が出来ます

洗面ボウルの奥行きを50cmにし狭い空間にも設置可能に

洗面ボウルの奥行きを50cmにし狭い空間にも設置可能に

洗面ボウルの奥行きを50cmにし、狭い洗面脱衣室にもすっぽり取り付けが可能な形としました。

従来品の洗面化粧台の場合ボウルの奥行きがありすぎて、リフォームの際に取り付けるとボウルの大きさにより洗面脱衣室に狭さが発生してしまう事があります。

奥行き50cmですので、狭い洗面脱衣室でも窮屈なく設置が可能となります。

奥行きが狭い洗面台ですが、縁を狭くし、ボウルの手前をなだらかな作りにしたことでボウル全体に広がりを発揮させ、広く使いやすいボウルとしました。

底面先が広いので、バケツなどの大きな物も使う事が出来る快適さです

ミラーがキャビネット上部まであるので身長の高い旦那さんも満足

ミラーがキャビネット上部まであるので身長の高い旦那さんも満足

洗面台の照明器具を両端に配置した事で、中央のミラーを上部まで伸ばす事で広いミラーを実現しました。

コンパクトな洗面台ながら広い範囲まで映す事が出来るミラーとなり、背の高い方でもかがんで利用する事無く毎日快適に使う事が出来ます

毎朝基本的には使う洗面台ですから、こういう部分は重要視してくださいね。

クリック感のある水栓金具で湯水の使い分けが簡単!省エネ効果も高い

クリック感のある水栓金具で湯水の使い分けが簡単!省エネ効果も高い

混合栓の場合、湯水の使い分けが困難で無駄に水やお湯を出してしまう事があります。

BGAの水栓金具は、水栓金具のレバーの中央にクリック感を設け、水とお湯の境目がわかる事で無駄な光熱費の削減へと務める事が出来ます。

年間ガス代を約1,600円程削減でき、30%の省エネ効果を発揮させる事が出来ます

自分好みのデザインを選べる!オシャレな扉カラーや収納部分の形をチョイス

自分好みのデザインを選べる!オシャレな扉カラーや収納部分の形をチョイス

扉カラーは、スタンダードのホワイトや、ウッド調のカラーまで4色の中から選ぶ事が出来ます。

お手頃で安価な洗面台なのに、スタイリッシュさを発揮させる事が出来ます。

フロアキャビネットは、開き戸タイプと引き出しタイプの2つの種類から選ぶ事が出来、自分好みの洗面化粧台をチョイスする事が可能です。

洗面台をリフォームするなら予算にあわせて周辺部位にも目を向けよう

洗面台をリフォームするなら予算にあわせて周辺部位にも目を向けよう

洗面台を新しい物にリフォームするのであれば、洗面脱衣室全体のリフォームにも目を向けてみましょう

リフォームしても洗面台だけ新しくても、まわりが傷んでいると浮いて見えるだけです。

良く見ると壁紙にカビが発生してしまったり、床がぶかぶかしていたり「きしみ」が確認できたり。

その他にも目に付く所が有れば一緒にリフォームするのが、割引も受けられて一番お得です。

一般的に目を向けた方が良い洗面脱衣室のリフォームは、このようなパターンがあります。

洗面所の床の張り替え

洗面脱衣室は水を使う空間ですので、床は汚れてしまいがちです。 洗面脱衣室の面積は狭いので、床を張り替えてもそれほど多くの費用とはなりません。

張り替えて、床も綺麗な状態に一掃しましょう。 洗面脱衣室の床のリフォームで1番お安いのは、クッションフロアです。

一般的に洗面脱衣室は3~4m2程ですので、5万円前後で張り替えが可能となります

壁や天井の壁紙の張替えてキレイな空間に!

洗面台を新しくしたのであれば、付帯する壁や天井も綺麗にする事をオススメします。

壁と天井の張替えで1番お安い方法は、ビニールクロスの採用です。

洗面脱衣室は水まわりで湿気が及ぶので、1000番クラスの普及品のクロスを採用する事をおすすめします。

洗面脱衣室は2畳程度ですので、壁や天井を張り替えても5万円程度で張り替えが可能となります

収納家具の追加でごちゃごちゃした状況を解消!

吊戸棚やウォールキャビネットなど、収納家具の追加により洗面脱衣室の収納力がアップします。

せっかくリフォームするのであれば、収納力のアップも検討してみましょう。

1番選ばれる事が多い収納は、吊戸棚です。W750mm程度で、30,000円程度で設置が可能です。

ウォールキャビネットの場合、50,000~80,000円程度で設置が可能となります

千葉で洗面台のリフォームを行う時のポイントをまとめると…

洗面台の交換ポイントまとめ2

  • 後で水漏れの恐れの有る洗面台の交換はリフォーム会社の評判もしっかりチェック
  • 洗面台のリフォーム費用相場は30万円前後 ・まとめてリフォームを行う事で費用を安くディスカウントしてもらおう
  • リフォームを進める際には正しい手順を行い失敗しない様に
  • コストパフォーマンスの高い洗面台はクリナップのBGA
  • 洗面台だけでは無く、洗面所全体の傷みもチェックしよう

洗面台のリフォームは、上手に商品を選べば比較的安価に行う事が出来ます。

付帯した部分のリフォームもご検討し、快適な洗面脱衣室とするようにしてみましょう。

納得できるリフォームとする為には、限られた予算の中で納得できるリフォームに出来るよう計画をしてみましょう

 

リフォーム会社選びで悩んでいませんか?

千葉で評判の良いリフォーム会社
≫ 千葉で口コミが良い人気のリフォーム会社リストを確認する

-水回り, 洗面台
-,