千葉市のリフォーム会社で評判が良い安心業者リスト&5つの知らないと損する必要知識

千葉市内でリフォームを行う時に【5つの損をしない為の基礎知識】や【地域で評判が良い安心業者リスト】を小難しくなくわかり易くまとめています。

壁紙

塗り壁は左官職人さんの腕で決まる!内壁リフォーム時の注意点

2019/01/17

塗り壁のリフォーム

「塗り壁」は職人さんの技術によって仕上がりが違います

ここ最近の住宅づくりといえば、「切って貼る」的な家づくりが主流となってきています。現場での作業性を優先し、低コストでできる家に重点が置かれています。

特に内装関係については、1970年ごろからの旺盛な住宅事情に対応すべく、クロスが主流となりました。

従来の塗り壁に比べると飛躍的に作業効率が向上し、職人の技術力に差が表れにくい特徴もあります。

クロスが登場するまでは、土壁やモルタルで壁を施工し、職人さんのレベルによって耐久性や仕上がりが違う現象が起きていました。

現代でも室内の仕上げはクロスが主流となり、塗り壁や左官屋さんという言葉自体をあまり聞かなくなってきました。しかし、一部の方の間では漆喰や珪藻土などの塗り壁を好む方もいらっしゃいます。

【check!】 県内でリフォームを行った方の口コミから選ぶ「千葉で評判の良いリフォーム店リスト」を公開しています。あなたが安心して相談できるリフォーム会社が見つかります。

評判になっている千葉のリフォーム業者リストを確認する

珪藻土で内壁を塗るときも左官職人さんの腕次第

住宅リフォームにおいても、クロスに比べると環境にやさしい点から珪藻土などは人気があります。

塗り壁は、クロスに比べると施工に手間と時間がかかる分費用は割高になりますが、品質にも気をつける必要があります。

左官仕事は職人によって差が出る、と申しましたがこれは現代の左官業においても同じことがいえます。

リフォームで失敗するのが嫌でネットで色々調べているあなたへ 結局の所、間違いないリフォームを行うなら「しっかりした提案と工事」を行ってくれる業者に出会えるかどうかが大事なポイントです。

≫ 「信頼できる提案と工事をする」と千葉で評判のリフォーム会社とは?

同じ珪藻土でも、塗る壁の状態によって微妙に水加減を調整し塗料の載りをよくする職人もいれば、何も考えずに塗っていく職人さんもいるようです。

日頃から左官業を行っていれば、壁の感触がつかめますがたまにしか左官を行わない職人さんは危険です。

塗り壁が上手か下手かは完成後すぐにはわかりません

完成後は一見同じような仕上がりに見えますが、年数が経ってくると壁の状態に差が現れます。珪藻土が剥がれたり、浮いてきたり異常をきたす場合もあります。

このような工事も左官屋さんと直接工事の受発注を行っていれば、修繕工事にもめたりする場合もありますが、リフォーム店や工務店を窓口にしておけば柔軟に対応してくれる事がほとんどです。

なので、信頼できる評判の良いリフォーム店に仕事は依頼されておくのが一番です。

室内以外の左官工事には、外壁の塗り工事と外溝の塗り工事があります。

言われたことをただこなす業者さんもいれば、状況に応じてアドバイスをくれる業者さんもいますので、いい業者さんと巡り合えるといいですね。

千葉リフォーム情報ブログ関連記事:

【外回り】外壁リフォームの方法と費用目安
【内装リフォーム】インテリアプランの立て方

-壁紙
-