千葉市リフォーム会社口コミナビ - 評判の良い業者リスト&5つの知らないとまずい基礎知識

千葉市リフォーム会社口コミナビは『リフォーム業者選びで失敗したくない方』の為のリフォームの情報サイトです。

豆知識

和室にある長押(なげし)の価値と本来の意味をご存知ですか?

2019/01/18

長押の意味

長押の意味と価値知っていますか?

【PickUP】千葉県でズバ抜けて評判が良いリフォーム会社が有るんです
沢山の千葉県民が「信頼できる」と声を寄せるリフォーム業者がなぜ評判が良いのか?千葉で評判が最も良い業者を利用された方の体験談を公開しています。

千葉県で信頼されているリフォーム業者の口コミを確認する

和室に有る「長押」の意味ご存じですか?

よく鴨居と間違われる部材として「長押(なげし)」があります。長押とは何なのか?

和室の障子上部に鴨居と言う物があります。柱と柱の間に設置されている建材です。

その鴨居の上に設置されている横木の事を「長押」と呼んでいます。よく壁と長押の間には少し隙間があり、ハンガーなどで服を掛けているお家を見かけます。

実はこの長押の歴史は古く、勉強すればするほど実はすごいものだったと気付きます。

ハンガーを掛けて傷ついたり傷んだなげしは、リフォームの際に撤去するのではなく、修理して大切に使われる事をおすすめ致します。

【信頼できるリフォーム会社を選ぼう】

県内でリフォームを行った方の口コミから「千葉で最も和室のリフォームの評価が高い業者」をの評判を取り上げてご紹介しています。千葉で信頼されている業者をチェックしてみて下さい。

千葉で和室のリフォームが評判な業者の口コミを確認する

長押(なげし)の歴史と本来の設置目的

格式の高い和室

リフォームで失敗するのが嫌でネットで色々調べているあなたへ 結局の所、間違いないリフォームを行うなら「しっかりした提案と工事」を行ってくれる業者に出会えるかどうかが大事なポイントです。

≫ 「信頼できる提案と工事をする」と千葉で評判のリフォーム会社とは?

今では長押がある家に違和感を覚えることはありませんが、江戸時代には特別な物でした。

どの家にも長押の設置は許されていたわけではなく、禄高1000石以上の旗本の住まいだけに長押の設置が許されていました。

その後明治になって、庶民は封建社会から解放されて、今まで付けられなかった長押を付けるようになったと言われています。

そして現代では、その長押も格式を感じることは薄れて、洋服を吊るしたり、額等が設置されていたりします。何気ないような建材でも実は歴史は古く、意味も今とは違うものがあります。

同じような感覚では、床の間も押長と同じような感じがする方も多いです。

本来は掛け軸や陶器などを飾るようなところで、お客さんをもてなすところではありますが、物置になっているお家も多いと思います。

格式の高い和室が好きな方は長押は必須アイテムです!

床の間も本来は格式のある和室に設けられており、貴重なスペースです。長押もそういった、和室の格式を上げる意味合いがあります。

しかし、現代のようにものがあふれかえってくると、片付けや収納ができずに床の間まで荷物が進出してきます。挙句の果てには、来客があっても平気で床の間に案内してしまいます。

何とも思わない方もいらっしゃいますが、せっかくの和室が台無しになってしまいます。

そうした意味でも片付けは大切ですし、収納が足りない場合は収納スペースのリフォームも必要かもしれません。

洗面周り、押入れ、寝室、キッチン、収納はあらゆるところで行われているので、全体的に見直して、格式のある和風造りを大切にしたいですね。

リフォーム会社選びで悩んでいませんか?

千葉市で評判のリフォーム会社
千葉で信頼できるリフォーム会社リストを確認する

千葉リフォーム情報ブログ関連記事:
古民家の魅力とリフォーム方法
緑甲板で美しい廊下を作ることができます!

-豆知識
-