千葉市で評判が良いリフォーム会社リスト&5つの失敗しない為の基礎知識

千葉市内でリフォームを行う時に【地域で評判が良い安心業者リスト】や【5つの損をしない為の基礎知識】を小難しくなくわかり易くまとめています。大切な自宅の工事で失敗しない為に知っておくべき事が分かります。

太陽光発電

太陽光発電は今と昔で違いがかなり出てきているのご存知ですか?

2019/01/17

太陽光発電の今と昔の違い

太陽光発電の今と昔の違い知っていますか?

一時期に比べるとニュース等で太陽光発電について触れる機会は減ってきていますが、依然として根強い力で普及しています。
日本国内では1994年4月から太陽光発電の一般家庭導入がはじまりました。

当初は助成金などのバックアップが乏しかったり、社会の認知度が低いために苦戦を強いられていました。しかし、その後京都議定書をはじめ、CO2削減が国家的プロジェクトとなり家庭から排出されるCO2についても注目されました。

CO2の削減策としては、高効率の給湯システム導入や家のエネルギーロスを減らす高気密・高断熱等が挙げられます。太陽光発電についても、長期的に考えると現在の送電コストを大幅に下げることができるメリットがあったり、各家庭で節電意識が高まります。

【check!】 県内でリフォームを行った方の口コミから選ぶ「千葉で評判の良いリフォーム店リスト」を公開しています。あなたが安心して相談できるリフォーム会社が見つかります。

リフォーム会社は評判で選ぶ!千葉の優良業者5つを確認してみる

太陽光発電の近年の流れ

2007年の民主党政権下では、発電電力を従来の買い取り価格より大幅に引き上げたことで、より一層の太陽光発電普及に弾みがつきました。

その後順調に太陽光発電の搭載家屋が増えて、2012年には100万件を突破しました。

2013年からは電力自由化等を視野に、大規模な発電施設が注目され、導入件数も大きく伸びています。

2013年の太陽光発電出荷量は、大きく伸び特にモジュールと言われるパーツについては前年度比で2倍になっています。

今の太陽光発電は海外製の物が増えてきています

その内すべてが国産のパーツではなく、輸入品の割合が年々増えてきていることも特徴的です。2013年度の生産割合を見てみると、国産モジュールが全体の44%、海外産モジュールが56%となっています。

これらのデータは、国内主要電機メーカーで組織されている「太陽光発電協会」によって統計されています。

リフォームの世界においても、数年前までは海外産の太陽光発電というと大丈夫かな?と不安に思われていましたが、上記の統計を見てみると少し安心できます。

国産の太陽光パネル、モジュールに比べると価格が安い特徴がありますね。

※モジュールとは、太陽光発電システムにおける最小単位として用いられています。太陽光発電パネルとも言われています。

千葉リフォーム情報ブログ関連記事:

陸屋根の特徴と太陽光発電パネルを取り付ける方法
太陽光発電で貯金をする方法をご紹介致します

-太陽光発電
-