千葉市リフォーム会社口コミナビ - 評判の良い業者リスト&5つの知らないとまずい基礎知識

千葉市リフォーム会社口コミナビは『リフォーム業者選びで失敗したくない方』の為のリフォームの情報サイトです。

住宅に用いる木材の種類は大きく分けるとこの2種類です!

2019/01/17

住宅用木材

住宅に用いられる木材の種類ってご存知ですか?

住宅に用いる木材の種類は大きく分けると2種類になります。「無垢材」と「集成材」になります。

無垢材は昔から建築に使われてきた材料で、人にやさしい特徴があります。

しかし、同じ木でも品質にばらつきがあり、強度が違ったり乾燥収縮率が違って、施工しにくい点があります。

経済成長の過程で、こうした木材では生産性が良くないとして「集成材」が広く用いられるようになりました。

【check!】 県内でリフォームを行った方の口コミから選ぶ「千葉で評判の良いリフォーム店リスト」を公開しています。あなたが安心して相談できるリフォーム会社が見つかります。

千葉で安心して仕事を依頼できるリフォーム会社リストを確認してみる

それぞれの住宅用木材の特徴をまとめると…

集成材は、品質が安定しており、無垢材よりも強度が高く寸法精度が高く、日本の旺盛な住宅事情に対して大活躍しました。

しかし、一方では集成材に化学物質が使用されていることから、シックハウスが懸念されています。

現在使用されている無垢材には、材料の品質を表すために等級が付けられています。強度については、「目視等級材」「機械等級材」「無等級材」に分類されます。

また目視等級材では、1級、2級、3級の3段階に分かれます。

目視等級とは、構造性材のうち、節・丸みなど材の欠点を目視により測定して、等級区分された木材。

リフォームで失敗するのが嫌でネットで色々調べているあなたへ 結局の所、間違いないリフォームを行うなら「しっかりした提案と工事」を行ってくれる業者に出会えるかどうかが大事なポイントです。

≫ 「信頼できる提案と工事をする」と千葉で評判のリフォーム会社とは?

機械等級とは、構造性材のうち、機械によりヤング係数を測定し、等級区分された木材。

無等級材とは、JAS規格製材以外の樹種によって、基準強度が定められています。一般的に住宅用建材では「1等材」が使用されています。

普通構造用としての強度を持つ材料になり、その上は特1等で1等材よりも3割程度強い強度を持っています。

2等材は強度が重視されていない木材になります。

一般的には、リフォームを依頼する方が木材の等級まで気にする必要はないかもしれません。

住宅用の木材を選ぶ時には環境には注意しよう!

しかし、どういった材料が使用されて家ができているか、というのを把握しておくと家に対する思いも変わってきます。

集成材も導入当初はホルムアルデヒドが懸念されていましたが、最近ではF☆☆☆☆などの規格を設けて運営されていますので、安心して利用できます。

ホルムアルデヒドは、家具や家電からも微量ですが放出されますので、生活の中から簡単になくすことはできないようですね。

リフォーム会社選びに迷っていませんか?

千葉市で評判のリフォーム会社
≫リフォームの評判が良い『千葉の業者5つ』を確認してみる

千葉リフォーム情報ブログ関連記事:

フローリングに使われるパイン材の魅力や特徴
緑甲板で美しい廊下を作ることができます!

-
-